ガチニート脱出大作戦

ガチニート脱出大作戦

ガチニート脱出を心の底から望んでいます。現在進行形でニートです。

短気は損気なんだよ?モラハラの人って自分が嫌われるかもって思わないのかな?人間同士なんだから普通に嫌われるよ。普通に。

 

istart.hatenablog.com

 

⇈こちらの続きです

 

 

日に日にひどくなる妹のモラハラ

 

 

昨年の夏に、祖母の初盆に帰省する予定だったので、色々と準備に取り掛かっていました。

持って行く物を買いに行ったり、色々としていました。

それで、妹は洋服を買いに行ったりしていたんですけど。

そこで気に入った物が無かったからなのか、物凄く不機嫌だったんですね。

何度か行ったんですけど。

行く度に不機嫌。

ほとほと困り果てていました。

 

8月に入り父は父で帰省する事にしたようで、いつもなら私が飛行機のチケットを手配していましたが、現在会話は無い状態ですから。

そのせいなのか?

祖母の葬儀の際に、兄達が車で帰省したのを見て真似したのか?

父は車で帰省するとかで、お盆数日前の深夜に出発していました。

 

その前後だったと思いますが、妹にしつこく言われ妹が行きたかったカフェに2人で行きました。

何度も断り続けていましたが断る度に不機嫌になられ、しつこくしつこく何度も言われ超渋々行きました。

その帰りの道中も、ちょっとした事でめちゃくちゃ不機嫌になられ。

1人で帰れば?と言われ。

ものすごく疲れました。

 

そしてその翌日。

今度はお盆の時に着て行く洋服が無い、と物凄く不機嫌になっていました。

なので、母と一緒に洋服見に行こう!と説得していました。

それでも、いつものごとくウンともスンとも言わないので、もう良いやと思って放置して母と二人でリビングで話しこんでいました。

 

そうしたら部屋にいる妹からLINEがきました。

 

うるさい

ばばあの部屋に行け

 

帰省しないから

 

そうやってお前達2人で勝手に行けば

 

と。

溜息しか出ませんでした。

こちらが歩みようろうとしても無視するくせに、それを放置すれば更に不機嫌に拍車がかかる。

いったい、どういう対応をすれば彼女は満足するのか?

帰省するにあたって荷物が多いので、伯父の家に先に荷物だけ送るように準備をしていました。

しかし妹は行かないと言い出し、荷造りをしないので荷物を送れずにいました。

困った私たちは、義姉であるモッチーに助けを求めました。

 

ちなみに、モッチーは妹の本性を知りません。

私と妹も普通に仲が良いと思っています。

まぁ、仲は良いんですけど。

 

妹の事は普通に大人しい子だと思っています。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

それでね、わざわざうちまで来てくれたモッチーが、妹を洋服買いに行こう!って誘ってくれていました。

妹はモッチーにたいしては、愛想良いのでね。

普通に会話はしていましたが、行かないって言っている様子でした。

母もモッチーと一緒になって説得していたのですが、何やらぼそぼそと妹は母にたいして暴言を吐いている様子でした。

 

なんという事でしょう(゜o゜)

 

すると、母が泣きだしたんですね~。

私はさすがにプツっときましてね。

私が母に暴言吐くのは、許されると思うんですよ?笑

それだけの仕打ち受けてきたし。

まぁ、いい大人なので何も言いませんけど。

 

だけどね、妹は違うじゃん。

妹は、大事にされてきたじゃん。

学校も、小学校から高校まで毎日のように車で送迎してさ。

甘やかしすぎなくらい大事に育てられてきたじゃん。

そんなお前が暴言吐く権利あんのけ?

 

しかも、もう20代も半分超えてる大人ですからね。

 

「お母さん泣いてるよ?」

 

って。私は妹に言いました。

そしたら妹は、半笑いしながら言いました。

 

「は?何泣いてんの?きもっ」

 

ってね。

なので、私は言いました。

 

「お前、ヤバいよ。20代でそれはヤバいよ」

 

って。

そしたら妹に、半笑いで言われました。

 

「は?お前のほうがヤベーだろ。その歳で実家に寄生して」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ~。何か私ってもう終わりだな~。

そう思いました。

 

 

人の当たり前は私から見たら当たり前ではなく。私の当たり前は人から見たら当たり前ではない。

 

istart.hatenablog.com

 

⇈こちらの続きになります

 

 

モラハラ気味な妹。

 

 

今までも酷かったけど、昨年あたりから拍車がかかっていました。 

まぁ、彼女も仕事などでストレスがあったりするのでしょう。

家も、父の事などで最悪な状況だし。

色々と鬱憤が溜まっていたのかもしれません。

姉である私は、ニートだしね。

 

妹の世話は、かなりしてきたと思うんです。

妹が今の仕事を始めてからは、彼女は中抜けで帰ってきて1度寝るんですね。

朝が凄く早いので。

それで、お昼すぎに行くんですけど。

毎日、時間が微妙にバラバラなんですね。

14時からだったり、15時からだったり。

それによって、起きる時間も変わるわけです。

それでね、彼女はたまに寝過ごす事があって。

そうすると、もの凄く不機嫌になってね。

すんごい溜息つかれたりね。

 

起こせよ

 

って言われたりね。

いや・・・あなたが何時からなのか、何時に起きる予定なのか私知りませんけど?

って感じでね。

それで、妹が起きたらお昼ご飯をすぐ作るんですけど、寝過ごした時は私がご飯出すと

 

時間ねーよ

 

とか言ってね、食べやがりません。

知らんがなの極み。

言えよって。

○時に起こしてって言えよって。

わしゃ、エスパーかって。

 

逆に、たまに凄く早く起きる時もあって。

私が、まだお昼ご飯は早いかな?と思って作らずにいると、気付いたら妹が自分でご飯作ってたりするんですけど。

私が作らないのが、気に食わないんでしょうね。

冷蔵庫をバーンッと閉めたりしてね。

それで、私が台所に行って

作るよ

って言うとね、ガン無視されます。

なのでね、過去記事にも書いたと思うんですけど、私はたまに友人と長電話をするんですね。

そういう時はね、私は午前中のうちに妹のお昼ご飯用にお弁当を作っておいて、それから電話したりしていました。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

別に妹が怖いとかじゃないんですよ。

ガチで喧嘩したら、多分私が勝つし。

妹、力がクソ弱いんでね。

私は、子供の頃から巨大児だった妹を抱っこしたりね。

買い物行ったら、基本一番重い荷物は私が持つし。

家の中の力仕事は私がやる事が多いし。

姪っ子と甥っ子2人まとめて抱っこしたりとかもね。

なので、力では私が余裕で勝てるんですね。

女同士なので、さすがに殴り合いのケンカとかにはならないんですけど。

 

やっぱさー・・・

メンタルやられるんだよ。

ガン無視され。

溜息つかれ。

蔑んだ目で見られ。

メンタルやられまくるんだよ。

物凄く疲れるんだよ。

父との事もあるし、さらにとても疲れるの。

 

私・母・妹の3人でね、買い物とかよく行くんですね。

買い物って行っても、ほぼ妹の付き添い的な。

別に行きたくも無いんですけど。

 

それでね、99%くらいの確率で出かけてる最中に1回は妹が不機嫌になるんですね。

妹が何か話しかけてきた事に対して、私のリアクションが薄かったり。

妹から何か聞かれて、妹が欲しい答えを私が言わなかったり(笑)

そんな事でね、不機嫌になって。

そうなると、何を話しかけてもガン無視です。

ひどい時は、母にだけ話しかけ私をのけ者にした感じでグングン歩いていきます。

はいはい。好きにしてくれ。

って感じなんですけど。

 

 

それでね、こんな時に母はどうするんだ?

って思うでしょ?

 

妹が不機嫌になったら、もちろん母も気付く訳ですよね。

それで、私になんで怒ってるの?って聞いてくるのでね。

経緯を私が説明するとね。

 

あんたがそんな事言うからじゃん

 

って言うんです。

ははっ。

はははっ。

って。

母っ。

って。

 

もうね・・・殺意沸きそうなくらい腹立つんですよ。

断言しても良いくらい、100%私悪くないもん!!

なので、母にそう言われる度激ギレして反論しまくってたんですよ。

怒ると、妹はだんまり決め込むタイプですけど、私は言います。

言わないと気が済まないし、相手には伝わらないもん。

理解してもらえないもん。

 

そんな事を繰り返していたら、母はさすがにそんな事は言わなくなりましたけど。

それでも、ケンカ・・・ケンカというか、妹が一方的に怒ってる状態ですよね。

そんな風になると、なんて言って良いか分からなそうな感じで

 

あんた達はどっちもどっち

 

って言うんですね~。

お前、ガチで言ってんのかよって。

頼むから公平に見てくれよ。

1回くらい、妹にガツンと言えないの?!

って思うんですけどね。

言えないんでしょうね。

 

母に向かって何か暴言を吐いたとしますよね?

何でも良いですけど・・・

例えば【ばばあ】とかさ。

例えばね。

それをね、妹が言ったとしますよ。

そしたらね、母はもぉ~!!程度ですよ。

反応は。

それを私が言ったとしたら、おこですよ。

母おこですよ。

 

そして、母に対して何か注意したとします。

これも何でも良いんですけど・・・

ゴミ捨てた後、手洗って!とか。

例えばね。

それを妹が母に言うと、黙って従うんですね。

だけど、これを私が言うと

うるさいうるさい

って言われるんですね。

いちいちうるさい

って。

どっちが親か分からん

って。

だから、なるべく言わないようにはしているんですけど。

妹が近くにいる時は、妹に言ってもらったりします(笑)

 

そんな感じでね、妹は我が家の女王様的な存在になっているんですね。

 

私は妹が仕事に行く前に妹の水筒にお茶を入れ、そして玄関まで行って見送ります(笑)

いってらっしゃいって。

気を付けてねって。

何かがおかしい。

何かがおかしいよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち仲は良いんだよ?

 

 

【親しき仲にも礼儀あり】とは、どんなに親密な間柄であっても守るべき礼儀があるということ

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きです

 

 

今日はきちんと書いていきます。。。

 

 

母、そして私もそうですね。

妹の事は甘やかしてきてしまったのかもしれません。

歳が離れているので、かなり世話を焼きすぎてしまったのかもしれません。

 

そのせいか、妹は自分が気に食わない事があると、すぐ怒るような女になってしまったんですね。

中学生、高校生あたりからそうなっていきました。

最初は反抗期だから仕方ない。

大人になったら変わるだろうって思っていました。

私自身もそうだったし。

10代、20代の頃に比べたら、自分で言うのは変かもしれないけど丸くなったと思うんですよね。

ずっと怒っていても、疲れるだけだっていう事を知ったというか・・・

 

なので、妹もそのうち大人になるだろうって思っていました。

 

だけど、成人後もあまり変わらなかった妹。

私は妹の事を永遠の反抗期って言っていたんですけど。

 

具体的にどんな事があるかと言うとね、こちらが話しかけても半分くらいはシカトされるんですよ。

 

あれ・・・

え・・・

やだ・・・(困惑)

 

も、も、もしかして・・・

 

この子見えてるの私だけなのかしら?!

 

ってくらい。

あるいは

 

あっ・・・

もしかして・・・

気付いてないだけで、私もうこの世にいないのかしら?

 

ってくらい。

何回話しかけても、うんともすんとも言わなければ、ピクリと動きもしない。

 

それは私にたいしてだけでは無く、母にたいしてもそうなんですね。

父や兄にたいしては、そんな事はしないんですけど。

私と母には甘えているのか、単純に舐めくさってるかのどちらかなんでしょうね。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

妹があまり返事しないし、したとしても

 

あぁっ?!

 

ってな感じなので、母は妹の事も私に聞いてくる事が凄く多かったんです。

 

「妹ちゃん、仕事何時から?」

「妹ちゃん、ご飯食べるって?」

「妹ちゃん、どこに遊びに行くの?」

「妹ちゃん、先にお風呂入るのかな?」

 

目の前に、妹と私の2人がいても私の事を見て聞いてきます。

それを聞いた私は、妹に

 

「どうするの?」

 

と聞くと、妹が答える。

それを、母に伝える。

目の前に2人ともいるのに。

わしゃ、通訳か。

 

あまりにもそれが続き、超絶めんどくさくなったので

 

「直接聞けば?!!そこに居るじゃん!!いちいち私を挟んで会話するなー!!」

 

とね。言いましたよ。

何度もそれを言いまくって、少しずつ減りはしたんですけどね。

まぁ、今でもたまにあります。

 

母は、妹の事を怒ったり叱ったりする事があまりありません

私の事は散々怒鳴り散らしたり、時には殴られた事もある。

壮絶なケンカも、何度も何度もしまくりました。

包丁突きつけられそうになった事もあります。

ケンカ中、私の目の前に置いてあったリンゴにハサミをドンっと突き刺された事もあります。

なんだよそれ。って。

どこの任侠映画だよ。

って感じなんですけど。

 

母と妹がケンカしてるのとか、見た事無い気がします。

兄とも・・・

妹にたいしては、あまり強く言えないようなんですよね。

だから舐められんじゃねーの?って思うんですけど。

まぁ、私も舐められてるんですけどね(笑)

 

私の場合はイラっとしても基本スルーしているのですが、あまりにひどかったり我慢の限界に達すると激ギレして怒り狂うのでね。

そうなると、妹は下から様子を伺う感じで接してくるので、そうしたら私は何事も無かったかのように接するんですけど。

締めるとこは締めとかないと、人間は舐められるのだ。

 

そんな妹なんですけど、年々丸くなるかな?と思いきや、何だか年々ひどくなってきているな・・・と。

 

特に昨年あたりから、女王様かお前は?みたいな。

すんごい細かい話になるんですけど。

妹はね、私が他の事に集中してて妹の話にそっけない返事をしたりすると怒るんですね。

自分は平気でシカトするくせに。

それで、去年とかねブログだったりツイッターをやってる事が多かったので携帯いじっている事が多かった訳ですよ。

そしたら、妹に言われたんですよ。

半分冗談でしょうけど。

 

「携帯ばっかいじりやがって。出会い系でもやってんのか?」

「私との会話の時に携帯いじるな」

 

とか。

お前は、束縛激しいめんどくせー彼氏か?

 

会話をしていても、妹が欲しいリアクションを私がしなかったら

 

「あ~あ。つまんねーやつ。つまんねー。つまんねー。会話ができねーやつだなー。あーーあっ」

 

って言われるんです。

なんだ?お?

わしゃ、太鼓持ちか?

お前の事を常によいしょしとかなきゃいけないのか?

愛想笑いしてなきゃいけないのか?

スマイル欲しいならマック行って来いって!

 

そんでね、妹は遊びに行った時とか電車の乗り換えの時間に暇なのか、私に電話してくるんですね。

で、毎日一緒にいるわけですから、話す事なんてあんまり無い訳ですよ。

それで、無言でいたりするとね

 

「なんか喋れよ」

 

って言うんですよ。

お前がかけてきたんだから、お前が喋れや!

って感じなんですけど。

それで

「喋る事無いもん」

とか言うと、深い溜息をつかれ。

その後コチラがいくら話しかけても全シカト。

そして、電車がくると無言でブツっと電話を切られます。

 

ねーねー。

私、何かした???

私の事、なんだと思っているんだい?

おう?!

 

あとはね、色々イベントとかさ。

色んな所に付いてきて!とか言われるんですよ。

それでね、渋々ついて行くわけですよ。

本当は行きたくないんですよ。

都会苦手だし。

そして何より、興味ないし。

 

それでね、道中またちょっとした事で妹様はね不機嫌になるんですね。

そしたら

「帰れば?」

とか言ってきやがるんですね。

あるいは、ずっと無言。

なに?この地獄の時間?

ってなるんですね。

 

私の中で、昨年あたりから妹は永遠の反抗期から、モラハラへと進化したんですね。

これは、妹にも言っています。

モラハラ野郎か、お前は」

ってね。

 

なんかね、血は繋がっていないはずなのに、うちの父と凄く性格が似ているんですよね。

自分の思い通りにならないと気が済まないところとか。

ちょっとした事で、へそ曲げるところとか。

そんな事で怒るの?!(驚愕)

って事が、めちゃくちゃ多い!!

 

妹の怖い所は、外面が恐ろしく良いってとこなんですよね。

メガネの血が流れているからなのかな・・・

ちなみに、メガネというのは妹の実父なんですけど↓↓

 

istart.hatenablog.com

 

 

血は水よりも濃い。

怖いね。

 

しかし、まぁ・・・

口の悪い姉妹ですよね。

お里が知れますわ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じお里だから仕方ない。

 

 

改めて思ったんだけどさ志村けんってめっちゃ面白いよね?なにが言いたいかっていうと私ってどうでも良い事ばっか言うよねって。そだね~って。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きになります

 

 

 

今日のブログを書く前に言っておきますが・・・

 

 

私は、妹2号とは仲良いですよ。

一緒に買い物行ったり、ご飯行ったり、カラオケ行ったり、映画行ったり、ライブ行ったり。

お風呂も一緒に入ったりするしね。

2人でバカ話して爆笑する事だってあるし。

仲良いんです。

 

仲は良いんですよ

 

はい。

昨日のブログでも書いたんですけど。

母は基本、妹の事を溺愛しているんでしょうね。

 

とにかく何でもやってあげるんですね。

妹が小学生の時とか、妹の机の上はいつも母が片付けてあげていて。

兄と二人で、妹にやらせろ!って言っていたんですけれども。

聞く耳持たず。

そんな兄も母が世話を焼いていたので、片付けとかは出来ません。

 

私?私は放置ですよ。

放置されていましたよ。

母は基本、私に興味が無いんでしょうね。

 

私ね、右利きと左利きが混在してるんですよ。

交差利きってやつなんですけど。

クロスドミナンス - Wikipedia

 

それでね、それに気付いたのがね小学5年生の時なんです。

夕飯作ってる母の横でね、洗い物してて。

洗い物してる私を見て、母が言ったんです。

 

「あんた、えらい洗いにっかごつして洗いよるね~」

 

って。

標準語にすると

 

「あなた、凄く洗いにくそうにして洗っているわね~。おほほ~」

 

って。

そう言われたんですね。

私は思ったんですよ。

 

なにがやねん

 

って。

こちとら普通に洗ってるだけだったのでね。

わけワカメ。

はて~???状態ですよ。

あまり気にせずに洗い物を続けていたら、母が言ったんです

 

「あぁ~、あんた左利きか~」

 

って。

これまた、はて~??ですよ。

いやいや、私右利きだし。

鉛筆も箸も右だし。

左利きとか、わけワカメ。

それでね、パッと洗い物してる自分の手を見たらね左手にスポンジを持っていて。

衝撃を受けて、こう思ったんです。

 

ほんまや!

 

って。

母はね、私に左利きの部分があるのにハッキリと気付いたのがこの時だったわけですね。

それでね、私もこの時に自分に左利きの部分があるって初めて気付いたんですね。

 

登場人物、全員バカ。

馬鹿 - Wikipedia

 

普通我が子が、右利きか左利きかってこんなに気付かないものですかね?

母は言います。

 

あんたは、小さい時は左利きだった。

スプーンとか左で持ってたから右に持ち替えさせてた。

・・・と思う。

 

って。

おいなんだ。

その自信の無さは。

自信を持って言わんかい。

どんだけ私に興味ないんじゃい。

 

⇈なんかコレ凄くない?

階段みたいになっちゃった(笑)

どうでも良いですね。はい。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

それでね、5年生まで左利きの部分があるのを知らなかった、私と母。

 

私は小学校低学年の時、リボン結びが出来なかったんですよ。

何回も何回も練習してて。

学校でも、体育館横の階段の所に一人で座ってね。

休み時間とかに黙々と靴ひもを結ぶ練習してたんですよ。

 

でも全然できなくて。

 

母にも、時にはバカにされながら何度も教えて貰ってて。

 

でも、全然できない。

 

みんな簡単そうにやっているのに、私だけ全くできない。

私の中で、その時の事は結構印象に残ってるんですよね。

結構な期間、色んなやり方で練習してたから。

 

その後、いつの間にかリボン結びは出来るようになったんですけど。

数年前に、ふとこの時の事を思い出して。

 

階段のとこに座って練習してたな~。

 

って。

それでね、その時にハッと気付いたんですよ。

ちょ・・・

ちょ、待てよ。って。

 

私、ヒモ結ぶ時左利きじゃん

 

って。

母は右利きじゃん。って。

 

右利きの人に教えて貰っても、出来るわけないじゃんって。

皆ね、利き手じゃない方でリボン結びしてみ?

無理だから!!!

少なくとも、私は無理!!!

 

 

って、久し振りに・・・

これ、何の話ですくわぁぁぁ?!

 

はぁ・・・

また、クソどうでも良い話を書いてしまった。

もう1600文字以上書いてるし・・・

衝撃。

 

今日は妹の話書こうと思ったのに・・・

冒頭のフリが全て無意味!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誠に遺憾。

 

 

愚痴をテーマに3000文字書けって言われたら超よゆー。むしろ足りない。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きです

 

 

 

父からの生活費はストップしましたが、家賃光熱費は父が継続して負担してくれていました。

 

 

 

なので、ひとまず食費などに関しては女3人それぞれで出し合う事になりました。

 

私が負担するお金は、携帯代やその他諸々と食費も入れて月々1万円ちょっと。

ニートの私にとっては大きい金額です。

一応、物作りなどで小さな収入はありますが赤字の月も普通にあります。

不足分は貯金で賄っていますが、昨年の祖母の葬儀で帰省した際に、飛行機代に、喪服代、香典、宿代、そして祖母の初盆にも帰る事になったので、事件以前にすでにチケットを購入していました。

 

妹が多めに払ってくれたりもしたんですけど、それでも貯金をかなり使ってしまっていたんですね。

そこに関しては、祖母にお別れもちゃんとできたし行けて良かったなと思っているんですけど。

 

 

私は、女だけでそれぞれ食費を出し合おうとなった時

 

「これからは、私たちもそれぞれ食料は買って、それぞれ作るようにしよう。」

 

と、母と妹に提案しました。

その分の時間を、物作りやその他の事に使いたかったから。

ですが、母は言いました。

 

「あんたが、やりくり上手だからやって」

 

と。

そして、妹は言いました。

 

「お姉が作ってよ」

 

と。

それって不公平じゃね?

同じ額のお金出しあってんのに、なんで私だけがやらなきゃいけないの?

 

外で働いている人は、仕事している時間は家の事やらなくて良くて、家の中でお金稼ごうとしている人は、家の事を優先させなきゃいけないの?

 

結局、私が食費を徴収して管理する事になりました。

食事作りは私が作ったり、母が作ったり、出来合いの物だったり。

不満は一応2人には訴えましたが、壊れたロボットのように同じような事しか言わないので諦めました。

 

ブログを毎日更新していた時など、父のご飯作りから解放された事もあり、集中して書いていて気付くと辺りが真っ暗になっている事も多くありました。

ご飯はテキトーで良いやって感覚にもなっていたのでね。

 

たまにね仕事終わりの母から電話がかかってきてね。

 

「ご飯は?なんか作った?」

 

って聞かれるんです。

オーダー入ってて忙しくてご飯作れなかった時とかね、ブログ書いてて遅くなっちゃった時とか。

単純にダルい時もあったんですけど。

 

「作ってない」

 

って言うとね

 

「はぁ?!」

 

って言われるんですね。

まぁ、そんな時はね

 

「はぁ?って何なの?私が作るって決まってんの?」

 

って言うんですけど。

細かい事で申し訳ないですけど、麦茶とかもそうなの。

私は日中コーヒーばっか飲んでるのでね。

たまにお茶無い事に気付かなくて、沸かすのが追いつかなったりするわけですよ。

そんな時もね、私を責めるような口調でね

 

「お茶ないの?!」

 

って言ってくるんです。

なのでね、私は言いますよ

 

「私が沸かすって決まってんの?」

 

って。

そうすると、母は

 

「誰もそんな事言ってないじゃん」

 

と、キレ気味に言います。

そんな事言っていなくても、私にはそう聞こえるのです。

そう思ってなかったら、私に言ってくる必要ないですもん。

お茶無いのなんて、見りゃ分かんだろ以外の言葉がございませんもの。

おほほ。

 

洗濯物を取り込むのは、基本的に母の担当なんですね。

なので、母がいない時に洗濯物取り込むの忘れちゃったりするんです。

私、BAKAだからさ。

そうするとさ、帰ってきた母にキレ口調で言われるんです。

 

「洗濯物くらい入れてくれよ!!」

 

って。

 いや・・・はぁ・・・

この時間までパチンコ行ってた人が、よくそのテンションで言えるねー。

ははっ。

はははっ。

的なね。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

私がやらないのが相当気に食わないのか、母が洗い物とかする時は、ずーーーーーーーーーっとグチグチ文句言いながらやってるんですね。

 

何だおい?

喋り続けなきゃいけない呪いにでもかかってんのか?

おう?

 

ってくらい、ずっと。

最近の私はそれが苦痛過ぎて、起きている時の大半は耳にイヤホン突っ込んでます。

本当に本気で、凄く苦痛。

ちなみに、今は安室ちゃんを聴きながらブログを書いているお♡

 

そして母はね、妹には基本何もやらせません。

私は子供の頃から、散々こき使われてきたのに。

 

例えばね、母から洗濯物取り込んで!って頼まれたとします。

それで、私が他にやる事あったり頭痛かったり。

そんなんで、妹に頼んで!って言うとね

 

妹ちゃんは疲れてるから

妹ちゃんは明日も仕事だから

 

って言うんですぅぅぅwwwwwww

ウケるぅぅぅぅwwwwww

 

小柄な母は、高い所の物を取りたい時とか私を呼ぶんです。

100%私を呼ぶんです。

私は身長165センチですけど、妹は168センチなんすよ。

妹でも良くね?って。

おいっ!!!

妹でも良くねーか?!って。

 

作業している私と、ドラクエという名の冒険に旅立っている妹がいても、100%私に言ってくるんです。

おかしくね?

 

そんな感じでね。

甘甘に、激甘に育てられた妹。

 

みーーんーーなーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モラハラ妹って言葉聞いた事あるかい? 

 

岩のようなメンタルになりてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

 

気付けば前回のブログから1週間以上経過している・・・

時が過ぎるのは本当に早い。

歳のせいか・・・

悲しみー。

 

 

昨日はなんだか、色んな事が重なり。

色んな感情が積もりに積もり。

すごーく辛くなってしまいました。

1日中メソメソメソメソ・・・

今朝、目がパンパンだったっつーの。

 

昨日は要らない物を捨てようと掃除をしていたんですね。

ずっと考え事をしながら掃除していて。

そしたら急に涙が溢れてきてしまい。

止まらなくなっちゃって。

凄く苦しくて。

どこかに吐き出したくなって、ツイートしたんですけど↓↓

 

 

f:id:Istart:20190208172102j:image

 

発作的に?突発的に?

ニホンゴムズカシイ・・・

 

まぁ、そんな感じで軽い気持ちでというか。

あまり深く考えずにツイートしてしまったんですけどね。

何だか、沢山励ましていただきまして。

皆のリプ読んでたら

 

涙とまんねえよ、春

 

みたいになっちゃって。

 


スポンサーリンク
 

 

 

さらには、コーヒーごちそうしていただいたりなんかしちゃってね。

イケメンかよって。

それで、せっかくコーヒーのギフトチケットをいただいたのでローソン行ってね。

コーヒー飲んでさ。

外の空気吸って、少しだけ落ち着きを取り戻しましたです。

ありがたみしか無い。

 

夜になってまたリプ読んでたら、涙腺崩壊からの今朝の目パンパン事件に繋がるんですけれども。

ありがたい涙でござんすよ。

それはね。

ありがたくて溢れ出た涙です。

 

涙くんさよならなんて言わねえよ、俺

 

です。はい。

 

え?

 

 

なんか、今あんまり気持ちに余裕がなくてね。

自己嫌悪もハンパないし。

仲良くしてくれてる方たちのね、ツイートとかブログとか。

見たいんですよ。

見に行きたいんですよ。

でもね、余裕がないの。

気にはかけているの。

凄く好きな方たちばかりだし。

見たいの。

でも、余裕が無いの。

 

落ち着いたらぜってー読むかんな。

ぜってーだぞ。

 

今は、そんな感じなんですけど。

せめて自分のブログは、ちゃんと書かないといけないと思っています。

気持ちの整理にも繋がるような気がするし。

 

そんな訳でね、今後もよろしくお願い申し上げたい。

 

今日はいつもの言葉は言わないから。

何回も言い過ぎて、うざがられてるかもしれないから。

だから言わない。

 

 

リプくださった方。

いいね押してくださった方。

RTしてくださった方。

コーヒーごちそうしてくださったイケメン。

気にかけてくださった皆様。

 

 

 

 

 

 

アリが10匹!!

 

本日のブログは大変既視感のある仕上がりになっていると思います。見る必要も価値も無いかもね。あはは~

おばんどす🌙.*·̩͙

小梅どす(「🔴・ω・)「🔴

 

 

今日はね、ブログ更新するつもりなかったんですけどね、なんとなく書こうかなーって。

今、外にいてね。

お昼なんですけど。

携帯で書いてます。

 

 

昨日の続きは書きません!!笑

 

 

なんかねー・・・

昨日のブログアップした後に、コメントだったりリプだったり、DMだったりで色んな声をかけていただきまして。

泣いちゃったんだー。笑

なんかここ最近、結構いろんな面で限界きてたから余計に。

 

 

なんかさ、皆会ったことも無い人なのに、どうしてこんなに優しくしてくれるんだろ?って。

今も涙出そうです。

私のブログずっと読んでくださってる方は、私が厚化粧だって事ご存知ですよね?

化粧して泣いたらハゲちゃうから。

我慢。我慢。

 

DMでもね、長文でね送っていただいて。

とても気持ちが伝わってきて。

嬉しくて。

ありがたくて。

私なんかの為にありがとう。って。

泣くよ。普通に。

世の中、優しい人、優しい大人も沢山いるんだねって。

私、こんな事前にも書きましたっけ?笑

昔の事とかは無駄に覚えてるのに、そういうのは秒で忘れるのでね。

重複していたら、ごめんなさいね。

 

 

それにね、名前は出せないんですけど。

Twitterでね。

とある、みかんさんって方と、とある三尺さんって方と、とあるlunaさんって方にね、ポルカやってみれば?

とか言われましてね。

 

ポルカうんぬんは、今はちょっと置いておいてさ。

 

私の為に、何か策は無いか?とか考えてくれたって事じゃないですか?

その気持ちがありがたくて。

誰かの事を考えるってさー・・・

ねぇ?

なんっとも思ってない人の事って、考えないじゃないですか?

少なくとも、私は考えません。

凄く嬉しいですよ。

泣けるくらい嬉しい。

 

 

コメントくれた方もですし、リプくださった方も。

そして、いつもブログ読んでくださってる方も。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

 

ブログ始めて良かったなって。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

あ、あと有料note購入してくださった方も、改めてありがとうございます。

 

 

 

あのさー。

分かってるんだって。

こんなしょっちゅう、感謝の押し売りみたいなさ。

うざいでしょ?

分かってんだよ。

でもさ皆の優しさに触れてさ、おセンチになる日だってあるんだよ。

涙がちょちょ切れる日だってあるんだよ。

 

なんか、こんな事も前に書いたっけ?笑

 

ボケボケでオワタだわ。

 

 

明日からは、本当に暫くブログ書けなくなると思います。

ツイッターのほうも、あまり出来なくなるかもしれません。

理由については、追々ブログのほうに書いていこうと思っています。

 

たいした事では無いんですけどね(笑)

来週には更新できると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

人の悪口言う時ってなんでこんなにとめどなく言葉が溢れてくるんだろう?私って嫌な女。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きです

 

 

父からの生活費食費がストップしました。

 

 

それまで、父の仕事の請求書などは私がずっと書いていました。

何年もそうしていました。

 

それぐらいしてくれよ。

 

そう言われ、していました。

父が小銭貯金していた通帳なども、父に頼まれ私が預かっていました。

父は片付けられない男で、なんでもすぐなくすのでね。

 

なので、請求書、小銭貯金の通帳、印鑑。

全て、父に返しました。

これからは、テメーで請求書書きやがれ!

そう思って返したのに、結局は兄が書いてあげていたので、めちゃくちゃ腹が立ちました。

くそ、くそ、くそ!!!

 

 

この事件があった月の月末頃。

 

父は仕事の事で用があり兄宅に行ったようなのですが、なんでか知らないけど手土産にケンタッキーを持って行ったそうです。

事件勃発のきっかけになった、忌まわしきケンタッキー。笑

 

父は分かっていないようなんですけど、女同士の繋がりって何でも筒抜けですから。

義姉であるモッチーと私の間は、話が全て筒抜けなんですよ。

父と私の間で事件があった事も、モッチーはもちろん知っています。

 

だけどモッチーは女優なのでね。笑

 

父が今女たちと揉めてるからって話をしたそうなんですけど、初めて聞いたようなリアクションをナチュラルに出来る人なんですね。

 

そして、父が帰った後にチクリの電話を私にしてくるのです。

 

それでモッチーに聞いた話によると、父は私達の事をかなり愚痴っていたそうで。

 

呼んだり、お茶頼んだりすると凄い嫌そうな顔して出てくる。

 

と。

 

 

ふっ。

ふふふっ。

 

こっちだって暇じゃないのに、1日に何回も何回も何回も何回も呼ばれてうんざりなのに。

なに?

私は自分の感情は押し殺して、愛想まで振りまいてなきゃいけないの?

 

なんでしょうか(^^)?

ってか?

なんなりとお申し付けください(^^)

ってか?

スマイル0円です(^^)♡

ってか?

 

そんなにスマイル欲しいんなら、ケンタッキーじゃなくてマック行ってこいよ。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

 

そして、あんな態度を取るのは母のせいだと。

育て方が悪いだのなんだの言っていたそうです。

まぁ、そこに関してはね。

私も母の育て方が正しかったとは思いませんよ。

 

でもね、父はほとんど子育てに参加してませんからね。

私達が幼い頃に、離婚してるんですから。

私は抱っこしてもらった記憶も無いです。

だからね、母をかばうわけでは無いですが

 

お前にそんな事言う資格あんのか?

 

って思っちゃうんですよね。

あとは、俺もいつまで働けるか分からないし、娘たちには自立して欲しいと。

そこは、父の言っている事が正しいと思う。

 

でもね、私が思うにこの発言はモッチーにたいしてのアピールなんですよ。

良い父親風に見せるための、アピールなんですよ。

本当に良い父親でそういう事を考えてたら、直接私達に言ってくれば良いと思うんですよね。

でも、そんな事一度も無い。

家族で何か話し合おうとかも、一度も無い。

 

 

 

自分、子育てのベテランっす!

押忍!!

 

みたいなね。

そんなアピールをよくモッチーにしてるんですよ。

甥っ子姪っ子の事とかの子育てにも、ドヤ顔であれこれ口出ししたりしてるんですよ。

 

モッチーはね、スルースキルが高いから笑って流してますけど、普通の女性だったらね義実家に遊びに行くのやめるレベルの事だと思うんですよね。

 

 

またまた話がそれてしまいましたが。

 

それでね、娘達に自立して欲しい。

だから生活費は渡さない。

それは、まぁ良い。

それが正しい事なのかもしれない。

 

でもね、じゃあ母は?

ってなるんですよ。

母に対しても生活費渡さないのおかしくね?って。

 

元々、もう働かなくて良いって言って母の事呼び寄せたんじゃないの?

 

なのに、母が働き始めたら生活費も少しずつ減らしたよね?

母がタバコ吸ってたら、俺の金でタバコ買いやがってって言って、台所に置いてあったライターとか全部盗んで自分の部屋に隠したよね?

 

自分の稼いだお金がそんなに惜しいんなら、1人で生きていけば良いじゃん。

 

なんで呼び寄せたんだろうね?

家政婦要員、性処理要員が欲しかったのかな?

王様扱いして欲しかったのかな?

思惑通りにいかなくて、残念だったな!!

 

少し前に父は私に言ってきました。

 

「結婚相手選ぶの失敗した」

 

と。

そんな事、娘に言う事か?

あたしゃ、どんな気持ちでそれ聞けば良いんだよ。

私は、こう答えておきました。

 

「そんなもん、お互いだろ」

 

父は、それを聞いて軽く怒っていましたけど。

自分が良い男、良い旦那、良い父親だとでも思ってんのか?

 

父は、無駄に自己評価が高いんですよね。

 

俺は綺麗好きだから

元ゴミ屋敷の住人。現汚部屋の住人

 

俺は料理も上手い

作ってるとこ見た事ない

 

俺は買い物上手

は?どこが?

 

お父さんみたいな良い男見つけろよ

唇縫い付けたろか

 

 

まぁ、イラつく事も多々ありつつではありましたけど、父の稼ぎが無いと生活できないわけですから。

もちろん感謝はしています。

母の連れ子である妹2号の事も、それなりに可愛がってくれましたし。

そこに関しては、本当に凄く感謝しています。

まぁ、もし妹にたいして虐待とかしやがったら、私と兄が黙ってませんでしたけどね。

 

そういう事もあり、ある程度の事には目を瞑って尽くしてきたつもりです。

 

でもね。

兄宅に行った時ね。

父はモッチーに言ったそうです。

 

思い知らせてやる

 

って。

そこからの、生活費食費ストップです。

こんなの、家族に使う言葉なのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてね、この状態はね。

現在進行形で、今も続いているんだお♡

 

 

しんどい。めんどくさい。胃が痛い。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きです。

 

 

すっかり奴隷体質になっていた私。

 

 

よくよく考えると、奴隷体質なのは子供の頃からなんですけど。

だけど、親のすねをかじっている状態だし仕方ない。

やって当たり前か。

 

そんな中ね、昨年のとある日。

その日は、父は夜の仕事だったのかな・・・?

母は仕事に行っていました。

仕事の中抜けで帰宅していた妹がいて、私がいました。

 

お昼頃になり、父がケンタッキーでも食べるか?と。

ケンタッキーのバーガーのセットを買ってきてくれました。

リビングで、3人でケンタッキーを食べていました。

暫くすると、父が言いました。

 

 

「小梅、お茶。」

 

 

私は、こういう風に言われるのが大っっっ嫌いです。

お茶!とか、醤油!とか、飯!とか。

本当に嫌い。

大っ嫌い。

 

今までも、父に何度か注意していました。

そして、この時も

 

「お茶が何?」

 

と、私は言いました。

いつもなら父は

 

「お茶ちょうだい。」

 

と言い直します。

だけど、この時は

 

「もう良い!いらない!」

 

と捨て台詞を吐いて、自室へと入りました。

ケンタッキーを買ってきてやったのに、私にそんな態度を取られて腹が立ったんでしょうね。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

父はいつもそうなんですね。

怒りのスイッチがどこにあるか分からないというか・・・

短気というか、なんというか・・・

そういう性格が故に兄の所の職人さんにも、あまり好かれてはいないようだし。

腫れものに触るようにしなきゃいけないというか。

 

そして、父は我が家の女たちの誰かとケンカすると・・・

まぁ、それはだいたい私か母なんですけど。

 

ケンカというか、何か父の気に入らない事を私か母が言うと、ぷいっと怒ってドアをバーンっと閉めたり、無言になったりそんな感じですよ。

それが数日続きます。

 

そして、そうなると私達女3人全員にたいしてそういう態度になります。

謎すぎる。

普通はムカついた相手にだけですよね?

本当、意味不明。

 

この、小梅、お茶事件の時もそうでした。

母が仕事から帰宅すると、父は自室から出てきて母に向かって唐突に言いました。

 

「もう、俺の飯は作らなくて良いから」

 

と。

ほとんどの飯作ってんの、私だけどなっ!!

 

 

母は、仕事から帰って来たばかりだし事情を知らないから、ぽかーんですよね。

 

なんだか、大ごとになってきたなー。と。

私のせいなのかな。

腹立たしさもありましたが、罪悪感もありました。

 

この日から、父は洗濯も自分でやるようになりました。

 

この時、月の初めのほうだったんですね。

で、その月の食費はすでに貰っていたので、一応作った方が良いのかな?と思い、事件の数日後、何事も無かったかのように普通にご飯を作り、いつものように父がお風呂から出てくるタイミングで、夕飯をテーブルの上に並べておきました。

 

お風呂から出てきた父はサッとリビングの電気を消し、出したご飯には手をつけず、自分の部屋に入っていきました。

 

 

 

 

もうぜってー作んねー

 

 

2度と作らねーからな!

 

 

 

そう、心に誓いました。

それから父は毎日、外食かコンビニ弁当などを食べているようでした。

洗濯も毎日自分でするようになりました。

だけど、なぜかお風呂だけは自分では絶対に溜めません。

くそったれ。

 

 

そして、事件後新しい月になりました。

毎月、だいたい早ければ月末。

遅くても月初めに、母は生活費を。

私は食費を、父から貰っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、その月から父からのそれらのお金はストップしました。

1円も貰えなくなりました。

 

 

 

言葉にしなくても分かるだろ?言わなくても分かるだろ?とか言ってる人って本気でそう思ってるのかな?分かるわけねーじゃん。察してちゃんかよ。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈昨日の続きです。

 ※今日のブログは若干荒れています。

読み返してみて悪口しか書いていない事に衝撃を受けました。

そういうのが嫌いな方は読まないほうが良いです。

まぁ、私のブログは8割が悪口なんですけど・・・。

 

 

昨日のブログで、父は自分では何もしない人だという事を書きましたが、あれだけでは無いんですね。

 

 

 

例えばね、家の中に家族全員いたとします。

私もいて、母もいて、妹も家の中にいます。

だけど、たいてい用がある時父は私を呼びます。

 

リビングから、私を呼びます。

 

部屋のドアを開けるとすぐリビングなのでね。

部屋のドアを開けて、なに?って言うと

 

お茶ちょうだい

 

だの

 

アイスちょうだい

 

だの

 

ラーメン作って

 

だの

 

腰マッサージして

 

だの

 

言われるわけです。

ほぼほぼ、私に言ってきます。

私は黙って従います。

あたしゃ、お前の嫁か?おう?

 

アイスに限ってはね、父の方が冷蔵庫に近いからね。

リビングの父の座っている位置から、冷蔵庫まで2歩とかだからね。

それでも私を呼ぶんです。

私は黙って冷蔵庫からアイスを取って、父に差し出すのです。

 

それで、父はフルーツが好きなんですよ。

なので、ちょいちょいフルーツを自分で買ってくるんです。

ぶどうとか、梨とか、桃とか、パイナップルとか、スイカとか、いちごとかね。

女子かって。

OLの朝食かって。

 

それもほぼほぼ私がカットしたり、洗ったりするわけですよ。

まぁ、パイナップルだけは切るの好きだから良いですよ。

ちなみにパイナップルの切り方は、おもひでぽろぽろを見て覚えました。

クソどうでも良いですけど。

 

 

それでね部屋にいる時に呼ばれて

果物ちょうだい

って言われるのもイラッとするんですけどね、夕飯終わって大量の洗い物してる時に

 

「果物ちょうだい」

 

とか、お茶すすりながらのんきに言われるとね。

本気で虫唾が走るんですよ。

まずね、私は洗い物してるんだから母に言ってくれよ!と。

 

そしてまな板とか、包丁とか洗った後に言われるあの感じ。

こちとら、水切りカゴに綺麗に入るように計算しながら洗い物してますからね。

そして、そんな時でも父は待てない人ですからね。

 

まだかな~?

まだかな~?

 

みたいな感じでね、洗い物してる私のほうをすんげー見てくるんですよ。

わしゃ、学研のおばさんかって。

 

仕事して疲れてるってのは、分かってはいる。

分かってはいるんですけどね。

 

テメーで剥けねーんなら、みかんでも食ってろ!!!

 

って思うんですよね。

腹の中でね。

口には出さないですけどね。

 

 


スポンサーリンク
 
 
 
 
 
でね、昨日のブログにも父は空腹になると不機嫌になるタイプだって書いたんですけど。

父の仕事は、休みが不定期なんですね。

んで、私達が何か予定を立てている時に限って休みだったりするんです。

明日は買い物に行こう!とか言ってると父が休みになるから、そうすると父のお昼ご飯作らないといけないから止めよう。とか。

行けたとしても、夕飯作らないといけないから早く帰らなきゃ!とか。

 

あと、不思議なもので母が休みの日に限って父も休みな事が、非常に多い。

母は休みの時くらいゆっくり寝たいけど、父が休みだと早く起きなきゃいけない。

それでね、母はよく言うんです。

口癖のように言うんです。

 

「小梅ちゃんとお母さんは、苦労しなきゃいけないようになってんのよ」

 

って。

今まで、この言葉聞きすぎて何も思ってなかったし、何も感じて無かったんですけど。

最近になって思うんです。

 

ちょっ、待て待て待てーーい!

私がこれまでしてきた苦労の半分以上は、お前のせいだかんなっ!!!!

私を巻き込むな!!!!!!

 

ってね。

 

 

で、話それたんですけど。

父は急に休みになったりするんですけど。

翌日休みだって分かってても、父は何故か言わない事が多いんですね。

夜の現場の日も何も言わないんです。

朝起きると父がいるからね。

それで発覚するんですね。

おるでー。父おるでー。

つって。

別にね、ご飯食べないんならそれで良いですよ。

どうぞ、ご自由にってなもんですよ。

 

だけどさー。

ご飯は絶対食べる人なんだよ。

こちとらさー、ご飯とか計算して炊いてんだよ。

人が一人増えるとさ、ご飯足りないわけ。

慌てて炊かなきゃいけないわけ。

分かります?!

 

言えよって。

ただ一言、明日休みって言うだけじゃん。

言えよって!!!!!

そこはね、さすがに私も母もブチ切れて何度も言ったんですけどね。

ご飯炊かなきゃいけないから、休みの時は言ってね。って。

 

でも、ダメなんですね。

耳が無いのかな?

お口が無いのかな?

ってな!!!!

 

そんなこんなで、私はすっかり奴隷体質になっていたんですね。

それでね、去年の5月くらいだったかな・・・

事件が起きるんですね(大げさ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

twitter.com

note.mu

 


スポンサーリンク
 

独断と偏見ですが。。。料理好きです♡得意料理はハンバーグ、ポテサラ、パスタです♡っていう女性を私は信用しない。料理好きです♡味噌自分で仕込んでます♡って女性はガチだろうな。

 

みなさま、お元気ですか?

 

私は、まぁ・・・普通です。笑

最近インフルエンザがとても流行っていますね。

ツイッターのほうでも、何人かインフルの方をお見かけしました。

お大事にしていただきたい。

 

私は昨年祖母の葬儀に行き、自宅に帰宅してすんごい寒気を感じたんですね。

最終便で帰ってきたので夜遅かったのですが、お風呂溜めて入ったんですけど全然寒気が取れなくて。

地元があまり寒くなかったので、こっちすんげー寒いじゃんって思いながら、ずーっと湯船に入っていたんですけど。

でもずーっと寒かったんですね。

 

それは気付いていなかっただけで、寒気というより悪寒だったんですね。

バカですね。

そうですね。

 

翌日に高熱が出て、病院行ったらインフルB型でした。

 

しんどいよね。インフルね。

気を付けましょましょ。

 

 

なんかねー。

一通りのブログをね、書き終わったわけですけど。

過去のね。

大きい出来事はね。

だけど、回収できてない話とかもあるな~って今さらながら気付きまして。

色々ありすぎて、どこから何から回収していけば良いのやら?

そんな風に思とります。

 

 

昨年は本当に色んな事がありまして。

それでブログも始めたわけなんですけど。

 

どこから書こうか・・・

 

なんというか、私はこれまでニートだという事もあり、家族にたいしての申し訳なさとかはもちろんあったわけです。

それで、家の事も極力やるようにはしていました。

できる範囲でですけどね。

基本、食費は毎月決まった額を父から私が貰って。

それで買い物をしてやりくりをして、献立も決め料理もしていました。

洗い物も基本私がやります。

洗濯も、母が仕事の時は私がやります。

母がやる時もありますよ。

 

 

それでね、ニートなんですけど前にもブログに書いた通り、手作りのとある物の販売も細々としているのでね、オーダーが入っている日は忙しいんですね。

結構時間もかかるし。

それでも、夕方になったら家の事を優先してご飯を作ったりしていた訳です。

 

母が作る日もあります。

だけど母が作るご飯って、野菜炒めか、丼ものか、揚げ物か、揚げ物か、揚げ物なんですね。

しかも、わりと味が濃い目で。

おかず1口で、ご飯1杯いけちゃうぞ♡

みたいな時とか。

逆に、おや?これはお湯かな?ってくらい薄味だったりとか。

もちろん、美味しい時もありますよ。

でもね妹がね、お姉が作ってと。

そんな風に言う訳です。

 だから、基本は私が作っていたんです。

 


スポンサーリンク
 

 

 

 

それで、そんな日々を過ごしていましてね。

これも以前ブログに書きましたが、父は自分では何もしない人なんですね。

 

オーダーが入っていて忙しい日でも、例えば父が休みの日には父の事を優先していたんですね。

朝は7時とかにご飯を出しましてね。

それでね、父はお昼12時きっかりになったらリビングに出てくるんですね。

 

なんだ?

お昼ご飯、待ちに待っとったんけ?

 

って言いたくなるくらい。

 

なんだ?

3日振りの食事なんけ?

 

ってくらい。

きっかりに部屋から出てくるんです。

ひどい時は5分前とかには、出てきている時もあります。

夕方は18時になったら出てくるんですけど(笑)

 

それで、たまに父の仕事が夜の時があるんです。

職人なのでね。

夜しか入れない現場とかあるんですよ。

例えば、病院とかね。

 

数か月ずーーっと夜の現場が入る時もあるんですね。

大きい現場の時とかね。

そうすると、私は父の食事を作る事にかなりの時間を使うわけです。

ご飯なんて作って終わりじゃないですからね。

使った調理器具も洗わないといけないし、食後は食器だって洗わないといけない。

 

それで、父は12時きっかりにご飯を食べるのですがね。

妹も仕事をしているんですけど職場が家のすぐ近くで、休憩の時は家に帰ってくるんですね。

で、朝ごはんもお昼ご飯も家で食べるわけです。

妹も、基本は何もしない人間なんですね。

だから、妹のお昼ご飯も私が作ります。

妹がお昼ご飯を食べるのは、13時半とかなわけです。

 

で、夜は妹は20時とかに帰ってくるので、それからご飯なんですね。

父は空腹になったら機嫌が悪くなるようなタイプの人間なので、妹の帰りを待ったりとかは絶対しないんですよ。

例えそれが家族の誰かの誕生日祝いとかでも、皆が揃うのが遅くなると不機嫌になるタイプなんですよ。

なので、そういう時は義姉と話しあって、父にだけ先に食べさせたりするんですよ。

 

でも、父は自分の誕生日の時だけは黙って待つんですね。

 

皆が揃って乾杯しないと★

 

とかほざくパーリーピーポーに変身するんですよ。

くそかよ。

 

 

それで、話それましたけど。

父が休みの日とか、夜の仕事の時とかはね

 

7時➡父の朝食

9時➡自分と妹の朝食

12時➡父の昼食

13時半➡自分と妹の昼食

18時➡父の夕飯

20時➡女3人の夕飯

 

分かります?この感じ。

ひどい時は1日に6回台所に立たないといけないわけです。

洗い物を入れたら、単純に計算すると12回台所に立たないといけないわけです。

これにプラスして、麦茶も沸かして作っておかないといけないので、一日の大半を台所で過ごしているような感覚なんですよ。

 

母が休みの時は、もちろんやってくれたりもするんですけど。

私は、オーダーが入ったりしていても、作業が佳境に入っていても、父や妹の事を優先してやっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでね、もっと書きたい事が山のようにあるんだけど、長くなったので次回に続けます!

 

 

うだうだうだうだ・・・うだうだうだうだ・・・中身も無い。深い意味もないそんなブログです。今日のブログは。

 


みーかーんーの、はぁーなぁーがー

さーーいてーいーるー

 

おーもいーでの道いぃー

おーかのぉー道ぃー

 

はーるかーに見ーえるー

あーおいー海ー

おー船ーが

とーおくー

かーすんーでるー

 

タンタンタン🎶

 

はい。

 

 

・・・え?

 

なんすか??

 

みかんの花咲く丘歌っただけですけど?

なんすか??

 

 

子供の頃、手遊びとかしませんでした?

女の子ってやるよね?

アルプス一万尺とかさ。

おちゃらかとかさ。

超高速でやりませんでした?

 

私はね、みかんの花咲く丘が一番好きだったんですよね。

あれ、超高速でやると凄い爽快!

パン!パン!パン!パン!って感じ。

でも、知ってる人が少なくて・・・

最後にやったのは、小学4年生とかだった気がする。

 

Youtubeに動画あったから、見て!!

そして覚えて!!

やろっ!!笑

 

今の時代の子供達は、手遊びとかやるかな?

やらないかな?

ずいずいずっころばしとか。

あと何がある・・・?

ちっちとか。

あとなんだっけ?

 

おーてーらーの

おーしょーさんがー

かーぼーちゃーのたーねーをー

まーきーまーしーたー

 

めーがー出ーてー

ふくらんで

はーなが咲いて

枯れちゃって

忍法使って空飛んで

東京タワーにぶつかって

ぐるりとまわって

じゃんけんぽんっ!

 

だっけ・・・?

 

地域によって歌詞違いますよね?

私が子供の頃は、こんな歌詞じゃなかったんですけど。

普通のオーソドックスな歌詞だったんですけど。

妹2号が小学校で覚えてきたら、こんな歌詞でした。

 

 

どうでも良いですね。

 

 

私が昭和の人間だからなのか?

家が貧しくて、ゲームとか買ってもらえなかったからなのか?

子供の頃って、そんな遊びばっかしてました。

 

家で一人でいる時は、よく万華鏡を覗いているような子供でした(笑)

「あちきは廓の中の鳥でありんす」つって。

嘘ですけど。

 

学校から帰って部屋に入ったら、光が入るように窓際に立って万華鏡を覗いて。

ずーーーっと、クルクルクルクルやってるんですよ。

 

完全にやべーやつだろ。

 

でも、今でも万華鏡とか好き。

持ってないけど。

透明感のあるものがとても好き。

ガラス細工とか。

ステンドグラスとか。

スノードームとか。

アクアリウムとか。

その辺のやつ。

凄く好き。

 

小6の修学旅行は長崎に行ったんですけど。

長崎ってガラス製品が有名?ですよね??

もぉーね、お土産屋さん見てるだけで凄くわくわくしました。

ビードロとかさ。

いっぱい並んでるの見るだけで、胸キュン。

自分へのお土産は、ステンドグラスのコースターにしました。

それは、今でも持ってます。

妹が修学旅行で長崎に行った時は、私へのお土産はガラス細工の小物入れを買ってきてくれました。

いつか、また長崎行きたいな。

 

 

話それるんですけど、私の姪っ子はね修学旅行に行った時。

小学生の時ね。

うちの両親と、私の妹、そして私にまでお土産を買ってきてくれたんですよ。

私は、ボールペンを貰ったんですけど。

もったいなくて1回も使ってないんですけど。

 

ね?

嬉しいじゃないですか?

気持ちがさ。

 

それで、去年。

今度は甥っ子が修学旅行に行ったんですね。

んで、行く前に

「お土産買ってくるねー」

とか、かわいい事言ってくれてたわけですよ。

 

それでね、帰ってきたらね。

うちの父に、2~3切れ入ったちっせーカステラを1つ。

そして私の義姉。

甥っ子の母ですね。

義姉にも何か忘れましたが、お土産を1つ。

家族へのお土産は以上でした。

 

そして残りのお小遣いをつぎこんで、甥っ子は自分へのお土産を買ってきていました。

何を買ったのか聞いたら、義姉から写メが届きました。

そこには、金色(こんじき)に光り輝く龍の置物が写っていました。

 

センスよ。

お土産のセンスよ。

 

私は大爆笑したんですけど。

甥っ子の父である兄は、ほんの少しご立腹だったようです(笑)

義姉とうちの父にだけお土産買って来られたら、そりゃそうなりますよね。

 

でも私は、さすが甥っ子だなって思いました。

なかなかに破天荒な子なのでね。

 

 

そういえば、義姉が病気で入院している時。

当時5~6歳の甥っ子と二人で兄宅にいて。

幼稚園から帰ってきて着替えていた甥っ子が、自分の股間を触りながら私に真顔で言ってきました。

 

「小梅ちゃん、俺さーここにボールが入ってる。2個入ってる。」

 

つって。

 

私は

「え?そうなの?他の人には無いの?パパにも入ってるんじゃないの?」

と尋ねました。

 

甥っ子は

「入ってない」

 

と答えました。

 

なので、私は言いました

「7個集めたら、きっと願い事が叶うよ。頑張れ。」

 

甥っ子は

「そうかな~?笑」

 

と言っていました。

 

甥っ子はきっと7個集めたんでしょうね。

そして、黄金のドラゴンを手に入れたのでしょうね。

そうでしょうね。うん。

 

 

で?

なんの話してたっけ?

・・・そうだ。

子供の頃、なにをして遊んでいたか。ですね。

 

友達と遊ぶ時は、色々しました。

家の近くにあった納骨堂の軒下で小石を集め小さな囲いを作り、そこに捕まえたダンゴ虫を沢山置いて、全部を丸くさせるまでツンツンツンツンし続けたりとか。

今だったら絶対絶対できない、おぞましい遊びをしていましたね。

なんであんな事できたんだろ・・・

芋虫事件の前だったんだろうな。

芋虫事件は、知っている人は知っている。

知らない人は知らない。

そんな事件があったんですよ。

別に知っているからといって、なんの得もしないような。

そんなような事件です。

はい。

 

 

一応女の子でしたからね。

おままごともしましたよ。

 

洗濯物を干すタコ足のやつありますよね?

説明が難しいんですけど・・・

 

あれをね、閉じた状態で地面に置くんですよ。

それで、いっぱい棒が付いてますよね。

その中の1本を持って手をつないだようにして歩くんですね。

そうすると、タコ足のやつがトコトコトコトコーって。

歩いてるみたいになるんですよ。

 

伝わってるかな?笑

 

それで、タコ足と手をつないで歩いているような感じでね。

「さぁ、行きましょ~」

つって。

タコ足さんが、お友達の設定だったのかな?

「さぁ、行きましょ~」

つって。

 

どこ行くんだよって。

 

 

あとは、凧揚げもしたし。

コマもまわしたし。

コマは自分でマジックでカラフルに色を塗って。

まわして、わぁ~綺麗★つって。

羽根つきもしたし。

兄は、メンコで遊んでいました。

昭和臭よ。

 

 

祖母の家に行くとよくやっていたのが、ほおずきがねいっぱいあったんですよ。

ほおずきの中身見た事あります?

ほおずきって、中にミニトマトみたいな実が入ってるんですよ。

その実の中身を、皮を破かないように爪楊枝とかで綺麗に出すんですね。

それで、綺麗に皮だけにしたら紙風船みたいに皮の中に空気を入れて、優しく噛んだりして、ぐじゅって音を出して遊ぶんですよ。

 

何がおもろいねん。

 

ってやつなんですけど。

当時は夢中でやってました。

そして一度も上手く出来ませんでした。

というか、何が正解なのかすら分かっていなかった気がする。

 

 

あとはさー、みかん食べると絶対やっていた事があるんですけど。

みかんの皮をギュッって握ると汁が出ますよね?

外側のオレンジ色の皮ね。

それを、人の目にめがけてやるんですよ。

兄とか、兄とか、兄とかに。

兄も私にやってくるんですよ。

学校でもやったような気がするな。

給食でみかんが出た時。

色んな人に向かってやったかも。

 

やりませんでした?

 

久しぶりに誰かにやってみようかな?

兄とか、兄とか、兄とかに。

たぶん、物凄く怒られるでしょうね。

 

私も、今やられたら結構イラッとくると思う。

そして絶対にやり返す。

やられたらやり返す。

そのような大人気のない人間なのです。私は。

でも、みかんは白い筋も気にせずパクパク食べる。

そんな女です。

 

 

何が言いたいかというと、おじいちゃんとかおばあちゃんって、みかんの袋の部分残す事多くない?って事。

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、どうでも良いよね。

ごめんなさい。

超どうでも良い事だけど私はベロア素材が嫌い。触ると息が苦しくなる

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きです。

 

 

 

お墓参りに行ってから、モッチーの状態はかなり良くなってきました。

 

 

 


子供達が夏休みの時、兄が夜の現場だったので私が兄宅に泊まりに行ったりもしました。

その時モッチーに軽くボディータッチはされましたが、笑って流せるレベルでした。

会話はあまりありませんでしたが、こちらが何か問いかけたりすればそれには普通に答えてくれるくらいにはなっていました。

 

この時は、まだ笑顔は少なかったように思います。

 

2012年秋。

姪っ子の小学校の運動会がありました。

毎年、モッチー、母、私は日焼け対策をしっかりしていました。

私は基本、日焼け止めベタ塗り。

母は長袖、帽子、日傘。

モッチーは、日焼け止め、帽子。

だったんですね。

それで、この年もモッチーは帽子を用意していました。

 

でも、それが何故かテンガロンハットみたいなやつで。

萩原流石かな?って。

兄も

「それ被って行くの?」

って聞いていたんですけど、モッチーは無表情で

「うん」

と答えていました。

 

下は、ジャージを着ていました。

ジャージにテンガロンハットです。

衝撃のダサさでした。

病気前のモッチーにだったら普通につっこんでいましたが、この時は何も言えずそのまま行きました。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

姪っ子の出番以外の時は各自用意したレジャーシート+テントを張った場所で待機するのですが、待機中もモッチーは基本無表情で無言でした。

ですが、ママ友が来て話しかけられたりすると普通に話していました。

運動会を見に来ていた、姪っ子甥っ子が通っていた幼稚園の先生にもちゃんと会釈をしたりしていました。

 

 

その後の、甥っ子の幼稚園の運動会も皆で見に行きました。

その前年の2011年の甥っ子の運動会の時、モッチーと2人で話していて彼女は頭が痛いと言っていました。

 

istart.hatenablog.com

 ⇈この時ですね

 

あの頭痛は病気の前兆だったのでしょう。

もう、あれから1年経ったのか。

あっという間の1年だった。

とても大変な1年だった。

一時期は本当にどうなることかと思ったけど、家族みんなよく頑張ったよね。

モッチーが一番頑張った。

生きていてくれて本当に良かった。

そう思いました。

 

 

その後モッチーは、2012年の冬あたりだったと思いますがNMDA脳炎の原因になった子宮にできた腫瘍を取り除く手術を受けました。

1週間程の入院だったと思います。

モッチーの腫瘍には髪の毛が絡んでいたそうです。

ネットで見たNMDA脳炎の症状と完全に一致していて、驚きました。

狂牛病とかほざいてた霊能者よ・・・

名前出したろか。

もう名前忘れたけど。

 

 

そして、2013年の春。

モッチーは甥っ子の卒園式、小学校入学式にも行く事が出来ました。

 

この辺りまでは私たちもサポートしていましたが、モッチーは日に日に良くなっていき私たちのお役目も終わりました。

 

たまに私に電話がかかってきて、家の掃除手伝ってーとか。

タンス買ったから、整理するの手伝ってーとか。

そんな事はあったんですけど。

それは元のモッチーに戻った証拠なのです(笑)

モッチーが退院してからは、私達はモッチーがご飯を食べてくれる事が嬉しくて

食べな食べな~

と、ガンガンに食べさせていました。

 

退院した時ガリガリに痩せ細っていたモッチーは、あっという間にぽちゃってしまい、2人で兄宅を掃除していた時も、モッチーは太ってしまった事を嘆いていました。

なので、私は

「良いじゃん。ご飯もちゃんと食べれて健康って事じゃん。」

と言いました。

本当にそう思ったし。

少し間をおいて、モッチーは答えました。

「・・・いや、太ってるんだから不健康でしょっ!!!」

「・・・たしかに」

「wwwwww」

 

とかね。

あと、モッチーは要らない服とかをくれるんですね。

ある時、モッチーが下着もくれて。

サテン生地みたいな?

ツルツルな生地のおパンティーを差し出してきて(笑)

これ一回も履いてないからつって。

「私、こういう生地キライなんだよねー」

なんて偉そうに言ったら、モッチーは

「うるせーっ。履け!!」

つって。

「新品なんだからモッチー履けば良いじゃん。もったいない」

つって。

「そういう生地キライなんだよね」

「なんだよそれwww」

「wwwwww」

 

なんてお互い言いたい事を言い合って笑いあえるようになりました。

 

 


スポンサーリンク
 

 

みなさん8年越しの花嫁という映画をご存知ですか? 

ja.wikipedia.org

 

私は、まだ観た事無いんですけど(笑)

これね、実話なんですね。

映画化される前にアンビリーバボーで取り上げられてたんですよ。

たまたま私はその回を見ていたんです。

それで、再現ドラマ?をやっていたんですけど。

話が進んでいくにつれ

なにこれ・・・

モッチーの症状と凄く似てる・・・

と思いながら見ていたら、この方もモッチーと同じNMDA脳炎だったので凄く驚きました。

しかも、この方は6年間も昏睡状態が続いていたそうです。

モッチーは意識が無かったのは数か月だったので、とてもラッキーだったんだなと。

そう思いました。

 

 

そして、昨年9月。

モッチーと、LINEでこんなやり取りをしました↓↓

 

 

f:id:Istart:20190115164722j:image

f:id:Istart:20190115164734j:image

 

 

モッチーは完全復活を果たしてくれました。

私にとって、モッチーはとても大切な義姉です。

大切な家族です。

 

今でも、たまにモッチーが生きててくれて良かったなーってしみじみ思う事があります。

姪っ子にも、ママ元気になって良かったねーって。

「また言ってるよ」

なんて言われるほど、何度も言いました(笑)

だって、本当にそう思うから。

健康ってありがたい。

 

 

 

そんな訳で、かなり長く続いてしまった

モッチー編はこれにて完結です。

 

今後も、モッチーは恐らく沢山出てくる事になると思います。

多分ね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

やっと書き終えれたーーー\(^o^)/笑

 

 

寒いと早く夏こないかなーって思うし暑いと早く冬こないかなーって思う

 

皆様、お久しぶりでございます。

2019年になりましたね。

本年もよろしくお願いいたします。

 

早いもので年が明けて8日も経ちましたね。

驚きの早さ・・・

 

ある人に言われました。

月日が経つのが早く感じるのは、歳だからだぜー!笑笑

つって。

全力のそれなです。

そして全力のうるせーです。

 

 

1週間以上もブログを書かずにいたので、このままダラダラ書かないと、多分1ヶ月とか平気で書かないだろうなと思ったので、今慌てて書いている。

そのような感じです。

モッチーの事に関する記憶とかね。

日に日に薄れていくわけですから。

歳なんですから。

こちとら。

ちっきしょー。

 

 

そんな訳で、続きを書いていこう!!

いってみよう!!

やってみよう!!

 

 

istart.hatenablog.com

 ⇈こちらの続きになります

 

 

 

2012年の夏。

 

 

 

モッチーが退院して、3ヶ月ほど経っていました。

あまり状況は変わっていませんでした。

兄夫婦に代わり、相変わらず甥っ子のお弁当も作っていたし、ドッジボール大会やプール見学にも私と母で行きました。

 

そして、甥っ子の幼稚園で夏祭りがありました。

 

その時も、私と母で行きました。

姪っ子には浴衣を着せ一緒に連れて行きました。

甥っ子は、ボールすくいを楽しそうにしていました。

幼稚園のお祭りなので、ボールすくいのポイはただの網。

破れません。

無限にスーパーボールをすくい続ける甥っ子。

器にこんもり溜まるスーパーボール。

 

おい。

おい。甥っ子よ。

ボールは1人3個までって先生言ってたぞ。

戻すんだ。おい。

 

そんなやり取りをしていました。

日が暮れてからは、盆踊りスタート。

年少さんのかわいさっていったら・・・

ちいせー。

あぁー。ちいせー。

かわええ。

たまらん。

年長さんの甥っ子ももちろん、かわええ。

踊ってる踊ってるぅー。

アンパンマン音頭とかね、踊っていました。

世界で一番かわいかったと言っても過言では無い。

うん。

 

 

最後は、小規模な花火があったんですけど。

その頃になって、兄とモッチーが来ました。

モッチーは少しの会話くらいなら出来るようになっていましたが、やはり表情は無表情。

まだ、モッチーでありモッチーではありませんでした。

 

今ふと思い出した。

モッチーは花火を見て、手を叩いて喜んでいたような気が・・・

それで、まわりの人が少し不思議そうな感じで見ていた気がします・・・

 

違ったかな?夢?笑

いや、でもそうだったと思います。

記憶が曖昧なんですけれども。

 

 


スポンサーリンク
 

 

 

 

そして、2012年8月。

子供達は夏休みに入っていました。

兄はモッチーのほうと、自分のほうのお墓参りに行く!!と言い出しました。

ご先祖様の力を借りたかったのだと思います。

 

まずは、モッチーのほうのお墓参りに行っていました。

子供達も一緒に行ったかは忘れましたが、モッチーのお母さんも一緒に行っていました。

この時の事についても色々と書きたい事はあるのですが、ここには書けない内容なので、そのうちnoteに書こうと思います。

 

 

そして、うちのほうのお墓参りにも。

うちのお墓は、私の大好きな祖母の家のすぐ近くにあります。

余談なんですけど、うちの祖母の家は超ド田舎なんですよ。

田舎ってレベルも超えてます。

山の中腹にあります。

さらにその上にお墓があるので、お墓までは軽い登山!

祖母の家は、五右衛門風呂だし、台所には釜戸があり土間。

ぼっとん便所だし、炭を入れるタイプの掘りごたつまであります。笑

 

 

あっ、また話がそれましたね。

 

それでね、その祖母の家まで。

つまり地元までね。

兄は車で帰ると。

すんなり行けても12時間はかかります。

 

おいおい、モッチーそんな状態で大丈夫かよ!?

と思ったのですが、兄は出発しました。

 

無事到着した兄家族を、祖母は喜んで迎え入れてくれました。

お墓参りも済ませ、兄達は祖母と買い物に行ったり温泉に行ったりしたそうです。

 

そして、無事帰ってきた兄家族。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議なもので、この頃から少しずつモッチーの状態が良くなっていきました。

 

 

たまには優雅にタピオカミルクティーでも飲みながらブログ書いちゃおうかしら?嘘だけど

 

 

 

 

 

 

モッチーの話の続きを読みにきてくださった方ごめんなさい。

本日は、続きは書きません。

すまん!!!

 

 

 

 

続きを書こうかとも思ったのですが、今日は大晦日

今年最後の日に、皆様にご挨拶をしておきたかったので、お時間のある方はご覧になって頂けると嬉しいです。

 

 

というか、こんな日に私のブログを読む方などいるのか?笑

更新休んでも気付かれない気がする。

みんな、ガキ使とか紅白とか観てるよね。

なんだか1年あっという間だなー。

 

今年の9月13日からブログを始め。

15日からツイッターを始め。

色んな方と出会う事が出来ました。

まだ3ヶ月ちょっとしか経っていないなんてビックリ。

なんだか、とても濃い3ヶ月を過ごす事が出来ました。

本当に、ブログとツイッターには救われました。

 

 

思い返すと、今年は本当に色んな事がありました。

その中でも、一番思い出に残っているのは2月!!

私の大好きな祖母に会いに行って来ました。

 

私の祖母は、凄く面白い人なんですよ。

今年会う前は、最後に会ったのが9年前のシルバーウィークの時だったんですけど。

その時ね、伯父の家にいて。

バルコニーみたいなところにテーブルセットが置いてあって。

私・祖母・妹でそこに座ってたんです。

それでね、私が祖母に

「ばあちゃーん。お茶飲む?」

って聞いたんです。

 

そしたら、祖母が飲むっていうので私は台所に行ってあったかいお茶を入れたんです。

それで、バルコニーにいる祖母の前に出して、その場を離れたんですね。

そこには、祖母と妹がいたわけですよ。

んで、後で妹に聞いたのですが、祖母は私が入れたお茶を一口飲もうとすすったそうです。

そして次の瞬間

 

 

熱くて飲めんっ!

 

 

と言って、お茶を庭にビシャーッと捨てたそうです(笑)

 

ばあちゃーん!!

冷ませば良くない?

 

 

その後、伯父の家の庭に成っていたミニトマトをつまみ食いしようとしていた祖母。

伯父が、それは農薬がかかってるから食べちゃダメ!って声をかけたんです。

そしたら、祖母は目にも留まらぬスピードで、トマトを地面に叩きつけるように捨てました。

ていっ!って。笑

 

誰かの飲み残しのビールの中身とかも、凄いスピードで庭に捨てたりするんですよ。

手首のスナップが凄いのかな?

 

 

そんな祖母は、料理が上手。

梅干しは手作り。

とってもしょっぱくて、とっても酸っぱい。

子供の頃は、ばあちゃんの梅干しをおやつ代わりに食べたり、緑茶に梅干しを溶かして飲むのが好きでした。

饅頭もよく作ってくれました。

みょうがの葉に包んだ饅頭。

香りが良くてとても美味しいです。

高菜漬けも手作り。

ばあちゃんが漬ける高菜漬けが一番美味しい。

蒟蒻も芋から作ります。

生姜醤油で食べます。

市販の蒟蒻とは食感が全く違います。

 

そして私は、祖母が作るきんぴらごぼうが世界で一番美味しいと思っています。

地元を離れてからは小梅が好きだからと言って、きんぴらごぼうを大量に送ってきてくれていました。

ささがきにするの大変だっただろうなと思います。

いくら、手首のスナップが凄くても。

あの量は大変に違いない。

なので、9年前祖母に教えて貰いました。

祖母が作っている所を、隣でずっと見ていました。

 

砂糖を入れる時、調味料入れに入っていた砂糖。

最初は付属のスプーンで投入していた祖母。

2~3杯入れた所で

あぁー!めんどかっ!!

※めんどくさいという意味です。

と言い、調味料入れからダイレクトに砂糖を投入。

 

うちのばあちゃんは、せっかちなのかな?笑

そんな風にワイルドに作ったきんぴらごぼうも、最高に美味しかった。

祖母の作るきんぴらは、地元にしか売ってない醤油を最後に少し入れないといけないのです。

なので、2月に帰った時にその醤油を買ってきました。

そして、自分でも久しぶりに作ってみました。

途中までは、祖母の味に近かったのですが、火を通しすぎて失敗しました。

まだまだ修行が足りません。

 

 

伯父の家のリビングでテレビを見ていた祖母。

テレビの中の女の人が、

「今回はこちらのフグをプレゼントしまーす」

と言っていました。

 

それを見ていた祖母は

 

「フグは恐ろしか~」

 

と一言。

 

ばあちゃん!

大丈夫!!

ばあちゃん貰えないから!!

 

うちのばあちゃん、かわいくな~い??笑

 

 

母が一人で帰省した時に、祖母がこれを小梅に渡してと母に持たせてくれた物があります。

それが、こちら↓↓

 

 

 

f:id:Istart:20181231014059j:image

 

 

フリッフリ♡

なんでだろ?

ばあちゃん、私にどんなイメージを持っているんだろう?

フリルとは真逆にいるような女なのに。

 

貰った瞬間に、母になんで?と聞いてしまいました(笑)

趣味では無いけど、10年ほど経った今でも大切に持っています。

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

 9年前バイバイする前に、祖母を抱きしめました。

祖母はとても小さかったです。

私がデカいせいもあると思うんですけど(笑)

 

「また来るからね。元気でね」

 

そう言ってハグしました。

 

 

それが、祖母との最後でした。

 

 

今年の2月。

私の大好きな祖母は、天国に行きました。

3日後に90歳の誕生日を迎えるはずでした。

世間一般に言えば、大往生だったのかもしれません。

だけど、私はやっぱり悲しい。

とっても悲しかったです。

伯父や伯母、従兄弟たちも皆泣いていました。

みんな、ばあちゃんが大好きだったんです。

 

9年振りに会った祖母は、微笑んでいてとても綺麗な顔をしていました。

お人形さんのようでした。

 

今でも、祖母の事を想うと涙が出てきてしまいます。

 

きっと今頃、ばあちゃんは天国でじいちゃんと仲良くしてるんだろうなーって思います。

そうであって欲しいな。

 

 

 

 

そんなわけで、皆さん。

他にも書きたい事が沢山あったのですが・・・

わたくしは、現在喪中でございます!!

なので、新年のご挨拶は失礼させていただきます。

 

 

そして、本日で毎日更新は終了になります。

これまで、毎日読んでくださった方も、そうでない方も、とにかく今私のブログに目を通してくださっているアナタ。

ありがとう。

 

今後はこちらのブログかnoteにて、不定期で続けていく予定です。

どちらにしても、きちんとご報告します。

モッチーの話も途中までしか書けていませんからね(笑)

 

今年中に綺麗に書き終わりたかったんですけどね・・・

思いのほか長くなってしまって申し訳ないです。

もう少しだけお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

へっぽこブログですが、皆様来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。